株式会社 サッポロドラッグストアー 鈴木 瞳 さん 株式会社 サッポロドラッグストアー 鈴木 瞳 さん

2014.06.23 (Mon)

  • サツダイの卒業生

title_leader
vol7_leader02

株式会社 サッポロドラッグストアー
鈴木 瞳 さん

2004年3月 札幌大学 外国語学部英語学科 卒業

※掲載内容については取材時のものです。

「この機会に、やってみようと思えた ー 」

vol7_leader01

PROFILE
1981年生まれ 札幌市出身
【趣味】ジム通い・食べること
【学んでいること】インストラクション技法
会社概要
北海道を中心に、医薬品・化粧品・食品等を販売するドラッグストアーおよび調剤薬局等を展開。お客様の健康で快適な生活をサポートしています。
株式会社 サッポロドラッグストアー
住所/ 札幌市北区太平3条1丁目2−18
開業/ ’72年12月 社員/約600人
WEB/http://www.sapporo-drug.co.jp/
経営理念
健康で明るい社会の実現に貢献する
vol7_leader04

どんなお仕事をしているのか、教えてください。
私は営業本部の教育訓練チームに所属していて、ビューティトレーナーという仕事を担当しています。主な業務は、メーカーの方やサッポロドラッグストアーのスタッフを対象とした勉強会の講師ですね。新商品や季節ごとのお悩みに対するおすすめ商品の情報を教えたり、ファンデや口紅などを塗る技術の指導を行っています。もうひとつは、化粧品担当者と呼ばれるスタッフの教育です。座学と現場での実技指導の両方から、商品知識はもちろん、台帳(カルテ)の見方や接客マナーなどを教えています。
入社時からビューティトレーナー担当だったのですか?
最初はレジ対応や雑貨の納品などを担当して、その後、化粧品担当者を経験し、トレーナーになりました。このビューティトレーナーという役職自体が新しいもので、試験などはなく任命制なんです。 きっと“教えることに興味があるか”という適性を判断されているのではないでしょうか。意欲的な気持ちが何よりも大切なんだと思います。実は、トレーナーになることを打診されたときに一度はお断りをしているんですよ。やりたい気持ちはあったのですが、自分に務まるのか自信がなくて。でも、もう一度やらないかとお話をいただいて、まわりに相談したところ「自信がないという理由だけでやりたいことをやらないのはもったいない」と言われたんです。それから、チャンスは何回もくるわけではないのでこの機会にやってみようと思い、お引き受けしました。
トレーナーとして新しいスタートを切ったのが去年の4月だったのですが、5月に怪我をしてしまったんです。その後三ヵ月ほど入院することになり、頑張ろうと思ったとたんに出ばなを挫かれ、同期が三人いるなかで一番意気込んでいたであろう私が出遅れてしまいました。そんな中、同僚や上司が私をとても気遣ってくれて、優しく接してくれて、こうやって帰ってくることができました。皆のためにも、次は私が頑張らなきゃと思っています。

vol7_leader06

どんなところにやりがいや魅力を感じますか?
やっぱり、感謝された時ですね。教育は売り上げなどと違って成果が数字で見えるわけではないので、評価が難しい仕事です。でも、私の勉強会や指導を受けてわからないことがわかるようになったり「鈴木さんのおかげで自信が持てました」という声を聞いたとき、やっていて良かったと思いました。教えるうえで重要なのは、コミュニケーションですね。心を開いてもらわないと、教えても伝えることができない。心から「わかった」とうなずいてもらえるよう、何気ない会話や自己紹介から始めるようにしています。トレーナーになる研修を受けたときも、メイクの知識や技術よりトレーナーとしてのふるまい方や考え方が大切だと教わりました。

vol7_leader05

美容に興味を持ったのはいつ頃から?
vol7_leader07中学生の頃からメイクが大好きでした。最寄りの駅の近くに小さな薬屋さんがあって、そこに行くのがとても楽しかったんです。こんな所で働けたらなと思った夢が叶って今ここにいるのですが、その頃は全然想像してなかったですね。就職活動をしていた当時「10年後の自分に手紙を書こう」というイベントに参加したことがあって、その手紙が数年前に届いたんですよ。そこには「自分が満足した道を生きているでしょ」みたいなことが書いてあって、とても懐かしい気持ちになりました。
学生時代に熱中していたことはなんですか?
vol8_leader08大学生になって初めてのアルバイトが楽しくて仕方なかったです。飲食店のホールスタッフをしていたので、 大学とは違った人間関係の繋がりができましたし、お酒が飲めるようになってからは飲み会も行きました。あとはサークルですね。自然保護研究会に入り、日高など道内のいろんな所に行けたのはとても楽しかったです。ただ、バイトに夢中で海外旅行に行かなかったのはもったいなかったですね。社会人になって旅行に行くたび、もっと時間があれば…といつも思うので。
美容業界を目指している学生に、メッセージを!
vol9_leader09好きという気持ちがあれば、きっと大丈夫。初めて化粧品担当になるスタッフにも化粧品は好きか聞くようにしています。なかには化粧品や接客が苦手なスタッフもいるので、そんな時はまず好きになってもらえるように指導をしますね。当社の副社長から「まず自分がキレイでいなさい。それからお客様をキレイにして差し上げてください」という言葉を聞いて、それを実践するように心がけています。トレーナーを目指す人が増えるような、素敵なトレーナーになるために私も頑張ります!

vol7_leader10