濱口 裕介 先生 濱口 裕介 先生

2018.12.21 (Fri)

  • サツダイの先生
考えること。それが理解につながる
濱口 裕介 先生

札幌大学女子短期大学部
専門分野:地理学、歴史学

vol18_hamaguchi_01

<担当している授業とその魅力は?>
地理学入門や歴史入門などです。あまり関心がなかった受講者に面白さが伝えられたら、やりがいを感じます。たとえば、歴史研究には刑事ドラマのような面白さがあります。資料を集めて歴史の真実を探求していく過程は、証拠を集め犯人を推理する刑事そのもの。頭を使い推理する過程こそ魅力と思うので、学生にもなるべくそれを疑似体験させています。
<先生の研究テーマを教えてください>
函館にある五稜郭というお城の歴史を調べています。五稜郭は150年前に箱館戦争で舞台となった場所として知られていますが、現在は公園・観光地になっています。こうした活用のされ方に落ち着くまでの経緯を、歴史学・地理学の視点から研究しています。ひとつの景色が、時代の流れや視点の違いによって色々な顔を見せてくれる点が興味深いですね。

vol18_hamaguchi_02

<先生の学外での活動を教えてください>
大学の先生方はみな同じだと思いますが、依頼があれば講演したり本の原稿を書いたりしています。あとは地域おこしのNPO、ホームレスの支援団体、ネット動画のクリエイターなどを金銭的に支援していることですかね。どれもささやかな額の応援ではありますが、自分の支援が世の中を少しでも元気にしてくれればと思ってつづけています。

vol18_hamaguchi_03

Profile
千葉県出身。大学卒業後、3年間のフリーター経験を経て立教大学大学院入学、文学研究科史学専攻博士課程前期課程修了。中高一貫校の教員として勤めた後、’17年の春から札幌大学女子短期大学部の助教へ。大学の歴史文化専攻でも授業を担当している。五稜郭が観光地になった経緯に興味を持っている。
学生へのメッセージ
1日24時間をフルに自分で管理し、自由に使えるのは大学生の間だけです。もし大学に進むという道を選択したのであれば、時間を有意義に活用して、ぜひ色々なことに挑戦してみてください。学生におススメしたいのは海外旅行・一人暮らし・アルバイトの3点。大学生のうちに経験すると、視野も広がり、将来の糧になると思いますよ。