上机 美穂先生 上机 美穂先生

2016.03.01 (Tue)

  • サツダイの先生
vol12_kamitsukue01

いろんなことに対し
想像力と問題意識を持つ!

上机 美穂先生(准教授)

札幌大学 札幌大学女子短期大学部 札幌大学大学院
専門分野:民法(不法行為法・プライバシー法)

<ゼミではどのようなことを教えていますか?>
民法全般について教えながら、実際の紛争でとられた解決方法が本当に良いものだったのかを学生に考えてもらっています。また、授業で提起した問題に対して学生が学校内で実際にアンケートをとったり、法律がどう作られているか、裁判ではどう判断されるかなど、さまざまな観点から社会全体を見るように指導しています。
<授業を通して学生に感じて欲しいことは?>
学生は、普段生活しているうえで法律に関わることはあまりないと思いますが、自分が実際に事件などの当事者になったらどう感じるのか、そこでどんな判断をすればいいのかを想像してみて欲しいんです。想像することによって問題意識も生まれると思っているので、いろんなことに対して想像力・問題意識を持って授業を受けて欲しいと思います。
<学外ではどのような活動をしていますか?>
学会の他に、法律とは異なる分野の研究者の方と一緒に「保護地域における人々の関わりとブランディングについて」という研究をしています。私は、保護地域を守っていくなかで法律的な問題が発生した時、他の地域ではどんな解決方法がとられているのか、法律解決法はどのようなものがあるのかといったアドバイスをしています。

vol12_kamitsukue02a

Profile
神奈川県出身。明治大学法学部法律学科を卒業後、大東文化大学大学院法学研究科の修士課程、日本大学大学院法学研究科の博士課程を経て、’08から札幌大学へ。現在は札幌大学と札幌大学女子短期大学部に加え、札幌大学大学院でも民法の講義を担当している。学外では、日本私法学会や比較法学会など、6つの学会に所属。
学生へメッセージ
法律は難しいという印象があるかもしれませんが、難しい以上に面白い分野です。社会のいろいろな面が見えるので、あまり怖がらずに法律の世界へ来てみてください。そして、学生のうちはとにかく遊んでいろんな人との出会いを大切にすること。積極的にたくさんのことをして楽しんで欲しいと思います。後悔しないように好きなことをやりつくしてください!