震災ボランティア 震災ボランティア

2016.02.17 (Wed)

  • ボランティア活動

東北震災ボランティア

担当オフィス:学生支援オフィス

活動の紹介

東日本大震災から6年が経ちました。被災地では今もなお、復興に向けて日々さまざまな方が活躍されています。
本学でも「東日本大震災復興ボランティア」として、2011年は岩手県宮古市、2012年と2015年は岩手県陸前高田市、2014年には宮城県石巻市で実施しました(募金活動リムディ.11は継続中)。
昨年度は、防災・減災に重きを置き、宮城県仙台市で開催された「災害に強いコミュニティーのための市民フォーラム」に参加し、東北の大学生と共に仙台市沿岸部の被災地の視察と「救護の達人コンテスト」に参加しました。
今後も震災の記憶を風化させることなく支援し続けることが大切です。

東日本大震災に伴うボランティア活動について

過去4年間にわたり、被災地のボランティアに参加しました。現地では力仕事を中心とした瓦礫撤去作業などの必要性がほぼなくなり、被災者個々人とのコミュニケーションなどソフト面でのサポートが主流となりつつあります。
詳細については決まり次第みなさんにメール配信や掲示等でお知らせします。また、説明会も別途行います。

問い合わせ先▶学生支援オフィス 学生担当
vl_tohoku_vl02_2016